ヴィート 除毛クリーム

市販の脱毛クリームで売り上げナンバーワンはveet(ヴィート)

日本で売上No.1の脱毛クリームと言えばveet(ヴィート)です。
脱毛クリームというとお肌に刺激があって心配という人もいますが、ヴィートはどうなのでしょうか。

専用ヘラやスポンジで手も汚れない、塗って数分置くだけ。

使い方はとても簡単です。
ムダ毛が隠れるくらいまでお肌にクリームをむらなく伸ばします。
専用のヘラやスポンジが付属していますから、手も汚さずに使えます。
製品によって脱毛時間は異なりますが、規定の時間が来たら一部のクリームを取って脱毛ができているか確認します。
脱毛できていたら残りのクリームを落としますが、ヘラやスポンジを押し付けたりこすったりして落とさないようにします。
お肌に残ったクリームは水かぬるま湯で洗い流しますが、保湿成分が入っているためうるおい感が残ります。
しっかり落ちていなような気がしてついボディタオル等でこすりたくなりますが、脱毛後のお肌はデリケートになってしますから注意が必要です。

バスタイムに使えるシリーズ

従来の脱毛クリームは水分があると綺麗に脱毛できませんでした。
最後に洗い流すことを考えれば浴室でお手入れできるのが理想的ですよね。
ヴィートバスタイム脱毛クリームは、水に流れにくい成分が入っているため、クリームを塗った後のお肌に水が多少かかっても脱毛効果に影響しません。
時間はナチュラルズのシリーズですと3分ととっても短いですね。ナチュラルズの「バスタイムしっかり脱毛」は天然保湿成分のアボカドオイル配合ですので、脱毛パワーはあるのによりお肌に優しい製品です。
「サプレム・エッセンスシリーズ」はうるおい保湿成分と天然エッセンシャルオイルをブレンドしたベルベット・ローズの香りが脱毛後のお肌に良い香りを残します。

 

バスタイムにOKな商品ではありますが、乾いたお肌にでないと効果が発揮されません。塗り始めて1分は水がかからないようにします。その間シャワーを浴びても大丈夫ですが、クリームを塗った部分には直接お湯や水がかからないようにします。
いくらバスタイム用といっても、できるだけ水分を避けるのがベストですね。
バスタイムシリーズは浴室で使いやすいスポンジが付属しています。

 

敏感肌用の脱毛クリーム

ヴィートの各シリーズには敏感肌用の脱毛クリームがあります。
従来の脱毛クリームというと、お肌がデリケートな人向きではありませんでした。
使用後に赤みや痒みが出て、お肌に合わないという人もいますよね。

 

ヴィートの敏感肌用には、お肌がデリケートな人にも嬉しいアロエベラとビタミンEが配合されています。通常タイプとバスタイム用、便利なチューブタイプの3種類あります。
ナチュラルズバスタイムの敏感肌用は、天然保湿成分にグレープシードオイル配合しています。敏感肌用のバスタイム脱毛クリームは、放置時間5分です。

片手で簡単に使えるチューブフィット

チューブから直接お肌にクリームが塗れるチューブフィットは、ワキやビキニラインなどにも効果的に脱毛することができます。

 

片手でお手入れしなくてはいけないワキなどの、自分ではお手入れしづらい届きにくい曲線部位にもドーム型のチューブでしっかり塗れて、短いムダ毛もきちんと拾ってすっきり脱毛できます。
チューブフィットも、バスタイムシリーズと同じくクリームは水に流れにくい成分を含みますので、入浴時にお手入れ出来て便利な製品です。

 

「チューブフィット短いムダ毛しっかり脱毛」は、うるおい保湿成分としてはフローラルピーチの香りつきです。
「チューブフィット敏感肌用」は、うるおい保湿成分にアロエベラ配合、ホワイトリリーの香りつきです。
どちらも放置時間は5分で、付属のヘラで取り除きます。

ラインナップ豊富な脱毛クリームveet

豊富なラインナップでお肌やシーンに合わせた製品を選べるveetです。
バスタイムに使えるシリーズは気軽に入浴時に使えますね。
また敏感肌の方には、アロエベラとビタミンE配合でお肌を労わりながら脱毛してケアできます。
ナチュラルズには天然アボカドオイル配合で、よりナチュラルな製品を使いたい人にお勧めですね。