脱毛クリーム アトピー

アトピー肌とムダ毛処理

特に何もしなくても丈夫な肌、羨ましいですね。
肌の手入れをどんなに頑張っても、体調などによって効果が見えないとがっかりですよね。

 

それでも、毎日続けなければならない女性のお肌の手入れ。
脱毛も例外ではありません。
ムダ毛もなく、さらに綺麗な肌というのは一回で作れるものではありません。
毎回の積み重ねが大事なのです。

 

そうはいっても、自分ではどうしようもない事もあります。
その一つが「アトピー肌」です。
どんなに気を配っても、頑張ってお手入れしても肌が過敏に反応してしまいます。

 

特にムダ毛処理はお肌に負担がかかるものですから、健康な肌にとってもダメージが大きいです。
痛みやかゆみが日常のアトピー肌の方は、とりわけ大変なお手入れになることもあります。

 

アトピーの方も、快適に安全にむだ毛処理をして欲しい。
そんな願いからこの記事を書きました。

 

気をつけるポイントをあげましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

まずはアトピー肌に詳しい皮膚科クリニックでの診察を

ひと口にアトピーといっても、症状や程度は人により様々です。
頻繁に通院していないと日常生活に支障が出るレベルから、使う化粧品などを自分なりに気をつければ症状が安定している方もいます。

 

 

では個人差が大きい、このアトピー肌の方が脱毛するのに一番よい方法は何でしょうか。
まず、通院されている方は、かかりつけのお医者様に脱毛処理をしてもよいか聞いてください。
具体的な脱毛処理による肌への影響など、まず医療の面からの見方を聞きます。
その上で自己処理に移ります。

無理をせず、パッチテストで様子を見ながら脱毛処理しよう

まず第一にすべきことは、使用する脱毛クリームのパッチテストです。
少量を腕に塗り、赤くなったりかゆみが起きないかを確認し、洗い流します。
(参考記事:00_まずはパッチテストをしてみよう

 

それで異常が見られなければ、その製品は使用しても、問題ないかと思います。
ただそれでも、決して無理はしないでください。
例えば、かゆみと湿疹が激しい時期に、全身を脱毛するようなことは考えないようにしましょう。
症状が落ち着いている時期でも、念には念を入れ腕だけ、脚だけというように狭い範囲で様子を見るようにします。

 

また、肌表面にどうしても傷をつける事になるカミソリでの処理よりは脱毛クリームのほうがよいでしょう。
といっても、脱毛クリームも肌には異物です。
では出来るだけ、刺激を抑え肌を保護できるようにするためにはどうすればよいでしょうか。

脱毛クリームの配合成分に注目してみる

脱毛クリームもメーカーごとに効果も、配合成分も違いがあります。
美白に特化したもの、とにかく穏やかに使用できるものなど様々なのです。

 

アルカリ性の成分で毛のたんぱく質に作用しますから、肌にも影響することをふまえ、アトピーの人であれば、敏感肌用を選びましょう。
アレルギーやアトピー肌にも安心ということを売りにしている、製品もありますよ。

 

それでも十分なパッチテストを行い、使用中異常を感じたらすぐに洗い流します。
そのうえで、受診をしましょう。
逆に、特に異常がでなければ、あなたの肌には大丈夫という印になります。
使用説明をきっちり守るのは勿論の事、使用後はしっかり保湿しましょう。
脱毛クリームもメーカーごとに効果も、配合成分も違いがあります。
美白に特化したもの、とにかく穏やかに使用できるものなど様々なのです。

 

アルカリ性の成分で毛のたんぱく質に作用しますから、肌にも影響することをふまえ、アトピーの人であれば、敏感肌用を選びましょう。
アレルギーやアトピー肌にも安心ということを売りにしている、製品もありますよ。

 

ムダ毛ケアと美肌効果を同時にできる「パイナップル豆乳ローション」については、私が実際に使用してみた感想を書いています。
以下にリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください。
参考記事:パイナップル豆乳ローションを使ってみた感想

 

それでも十分なパッチテストを行い、使用中異常を感じたらすぐに洗い流します。
そのうえで、受診をしましょう。
逆に、特に異常がでなければ、あなたの肌には大丈夫という印になります。

 

使用説明をきっちり守るのは勿論の事、使用後はしっかり保湿しましょう。
大事なのは、あなたの肌に一番よい塩梅がわかるのは、あなた自身だということです。
よく観察をし、肌の状態との兼ね合いで使用時期を決めましょう。

いかがでしたか。
様子をみながら、少しずつあなただけの最適な脱毛クリームに、出会ってください。
そして綺麗なムダ毛のない肌、手に入れてくださいね。